忍者ブログ
幽体離脱日記です。
[60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

風邪も治り、離脱に挑戦。

体の平行感覚を不安定にする、現実世界では起こりえない、
という二つの条件に適うイメージとして、
昨日高いビルから空を飛ぶイメージを就寝時にやったら、ちょっとだけ名倉に行けた。


高層マンションから平泳ぎで飛び立つイメージを反芻していたら、
四、五分で離脱。

向こう側のマンションの一室が南家だ、と信じ込んで広い中庭を平泳ぎで飛び越し、
適当な部屋のドア前に降り立つ。
ドアを開けにかかって、ふと廊下のむこうに人が居るのが目に入った。
見ると、小学生くらいのおさげの女の子がいた。
何でやってしまったのかわからないが、
俺は女の子から一瞬目をそらして、
あの女の子が怪物に変化してきたら怖いなー。と想像してしまった。
そして視線を戻すと、
少女は世にも恐ろしい異形の姿になっていた。
俺の少ない語彙じゃ形容できないが、
髪が逆立ち、目は赤く充血。
足は蜘蛛みたいに数を増し、細くなってて、高速で動いていた。
そして、その蜘蛛女が鬼の形相で動きで俺の方へと向かってきていた。
俺は瞬間で激しい恐怖を感じ、
南家に入ることなどできるわけも無く全力疾走で逃げた。
このとき怖すぎですでに涙目。
たとえ夢だとわかっていても追いかけられると、マジで怖い。
つかまったら、まず間違いなく死ぬでしょう。
ご臨終です。
一巻の終わりです。
イッちゃいます。
ご逝去されるでしょう。
んで“元半月”となって後日発見されるのでしょう。
ま、とにかく怖い。
背後で蜘蛛の足がこすれる音が段々近づいてくるのですから。
早く恐怖から逃れたくて、
階段を飛び降り、渡り廊下に出て、空へダイブ。
後ろを向くと、
蜘蛛女が手すりのところで、ばたばたしてます。
体の原色が禍々しい。

それから怖すぎてマンションに戻れず、ずっと空中遊泳。


今後、離脱中にネガティブな妄想はやめようと心から思いました....ハァ


PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ばろすw
名も無きリダンツァ 2008/11/16(Sun)23:11:27 edit
無題
いやー、怖かったw
半月 2008/11/17(Mon)22:18:36 edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
半月
性別:
男性
自己紹介:
パートナー絶賛探索中
VIP Ridants Rank Checker 703pt
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(06/01)
(05/27)
(05/08)
最新CM
[06/08 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
[03/20 半月]
[03/12 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
[03/05 半月]
[03/02 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
最新TB
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.