忍者ブログ
幽体離脱日記です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近の離脱手順。
普通に寝る。
早く起きる。
直前に見た夢を思い出しながら目をつぶる。
そして直前に見た夢に出てきた登場人物たちのセリフを考えて喋らせる。(誰も居なかった場合は登場人物を作ってください)
だんだんとイメージが夢に移行していきます。
ここらへんでおそらく金縛りが起こっているので、意識を少し起こします。(このまま会話をつづけてっても明晰夢に辿りつけるときがあるけど、だいたいは寝ちゃうね。)
金縛りを確認したらローリングとか、各々の離脱手段でどうぞ。
色々離脱法を混ぜていいんじゃないかと思っている離脱法でござい。
適度に頭使えるし。

春休みになったんでちょくちょく更新していきたいとはおもっています。
PR
えー、さっそく更新が滞っております。
すいません。
大学生の方はテスト期間だと思うのでわかっていただけると思いますが。
高校生の方はセンターお疲れ様でした。井伏鱒二、面白かったですねw
二次試験までにぜひ離脱をマスターして名倉で復習、ちぇけらっちょー目指して頑張ってください!



二週間ぐらい前の明晰夢。(記述も粗めです)
夢から明晰夢の移行は言うほど変な事が無くても気付く。
今日は何かのビルに入ったところで夢だな、と気付いた。
エントランスでは人がざわざわしていて、大きなモニターの前に集まっている。
何だろう?と思ったところで、モニターがパッと点く。歓声。
良く見ると、若年宇宙飛行士養成プロジェクト(とかそんな感じ)の文字が出ている。
発表!という音声のあと、矢継ぎ早に名前が読み上げる。
「▽▽、●●、半月、■■、なので。よろしく!」
よろしくってwと思ったがそのままその場の野郎どもに担ぎあげられて、部屋にもってかれる。
部屋の中には女の子が一人と男が三人。
既に偉そうなおっさんに説明を受けている最中の様だった。
偉「佐藤さんにはパイロットをやってもらおう。んで、今来た君は記録を頼むよ」
偉はそういうと、手を回して控えの黒服に指示を出す。
運ばれる僕たち。
気付けばロケットの中である。何もする事ねぇよと思ったが、唯一名前を聞いた佐藤さんが皆の方を向いて、宣言。
「私がリーダーをやります。では、出発までロケットの内部を確認していきましょう」
佐藤さんはさっさと、行ってしまう。
その後を男達がついて行く。が、俺は行かないw
何故ならズボンのポケットに携帯が入っている事に気がついたからである。
取り出して見ると、かぱかぱ携帯。昔使ってたやつである!
着信が三件入っていて中学校の同級の女の子からかかっていた。
アドレス持ってないのになー。と思ったが、とりあえずかけなおす。
・・・出ない。
メール打っとくかな、と思ったが圏外だった。
その後も収穫なく戻ってきた佐藤さんに怒られる。
その後一分もしない間に発射命令が下る。
佐藤さんは自分の席に座るように指示。
ががっ。という音と共に浮遊感。
窓から遠くなっていく地上が見えた。
結構早いもんだなー、と思いながら気楽に眺めていたら佐藤さんがあせりだす。
「いや、そんなはずありませんこのロケットは#$%が軽いのでまだ余力があるはずです!私に任せてください!」
え?と思いながら船内に取り付けられたディスプレイに映る高度と位置をみる。
どんどん下がっていく高度。
そして、佐藤さんのもうだめー。という声。
九州あたりで高度がゼロになるのが見えた。衝撃。
体が吹っ飛ぶ。が、何万メートルの高さから落ちたとは思えない軽い衝撃。
受け身を取るw
周りでちらばっているクル―達。腰をさすりながらいてて、などと漫画表現で痛がっている。流石選ばれし者たちである。
そして伝説へ。(目が覚めましたw)
あけましておめでとうございます。
去年復活してなんとか今年に記事を書くことができました。
とはいえ、更新頻度は低いですが・・・
去年来て下さった方は無駄足踏ませてすいません・・・本当に忙しくて・・・
更新しようと思ってメモは取ってあるんですが・・・

とりあえず今年の抱負は更新をする。かなw
あ、体外離脱の目標は前のまんま!
今年が皆さまにとっても良い年でありますように!
頑張ろう!
二日連続離脱。
無事に離脱すると、部屋。
名倉で唯一二回以上あったことのある女の子が居たので、雑談のあと、楽しんだ。
彼女は寝とらせの性癖があるので色々な女の子と…。
うん夢精したw
三度寝ぐらいの時に離脱。
しかし何故かよくわからないが首が据わってないみたいで、後ろに首が折れて、何度かコンティニューした。やっと安定した所で(首が)辺りを見ると首が折れまくっていた時とは違って見知らぬ部屋だった。
そこに裸の貧乳が三人。下半身はタオルで隠している。近付いて行くと赤くなったのが可愛かった。
半「ここどこ?」
貧「学校だろ」
半「ほー、なんで半裸?」
貧「今日文化祭じゃん」
よくわからんな、と思ったので溢れる性欲を処理するかと思いキスを迫る。しかし、思いの外抵抗が激しい。
貧「それはやめて」
を連呼される。最近は拒否られると強引にはしないので諦めようかと思ったが、せめてからかおうと思って、押し倒す。そしてタオルがずり落ちた瞬間、視界に膨張した棒が現れた。

無言のまま他の二人のタオルも引きはがす。つくしが三本…。
呆然と立ち尽くしていると、後ろから準備してー、という声がかかる。
?と思っていたら凜みたいな女の子が現れて、早くしなさいよ半月!とか言われて手を引っ張られる。
そこから舞台で適当に芝居をしたが、夢に飲まれたと思う。そのせいで明晰だった時の記憶も若干曖昧かも。夢はふつーに凜と回れたので楽しかったんだけど…
<<< 前のページ 次のページ >>>
プロフィール
HN:
半月
性別:
男性
自己紹介:
パートナー絶賛探索中
VIP Ridants Rank Checker 703pt
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
(06/01)
(05/27)
(05/08)
最新CM
[06/08 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
[03/20 半月]
[03/12 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
[03/05 半月]
[03/02 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
最新TB
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.