忍者ブログ
幽体離脱日記です。
[119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

総入れ歯。
じゃなくって、最近生活リズム乱れてる。
今起きてる時点でわかると思うけど。

それはともかく昨日の離脱。
久々に入眠時に眉間法で離脱。視界は良好。
あたりは夜。
しかし祭りか何かやっているようで、明かりがあったし、人が大勢いた。過去最大かも。
砂浜に鳥居が立ってて、そこら辺に夜店。
祭り好きなので、ワクワクして店へ突撃。
カップルの大群をかきわけると、ふらんく屋、ギンギン屋、おかし屋、たこ焼き屋などといった店がならんでいた。
看板と売り物は合致していなくて、たこ焼き屋がかき氷を売っていたりした。
俺はふらんく屋に売っていた、肉巻きがたいそううまそうな香りを放っていたので、可愛らしい売り子に、声をかけた。
半「あの?に…」
しかしここで、ふと金持ってるんだっけ?という疑問が浮かんで言葉を飲み込んだ。
ポケットを探ると、案の定何も入っていない。
食い逃げもありかな?なんて考えたが、祭りを壊したくなかったので、退散。気になっていた、鳥居に向かう。
鳥居は近づくと思いの外デカくて、また濃い赤が毒々しくて不気味な感じだった。
ほー、とまじまじ見ていたら、突然鳥居の向こうに花火が上がる。
恐ろしい程鮮やかで、光が網膜に焼きつくようだった。
すると店の方から人が怒涛の様にやってきて、押し潰される。
視界がここで悪化。花火の音しか聞こえない。
手探りで人をかきわける。時々当たる胸を揉む。
そうこうしてると、強制帰還を喰らった。
コンティニューすると、鳥居の目の前に戻ってきていた。
花火は上がっていない。人も居なくて灯りだけが残っていた。
あれ?と思っていると、海がざわざわと鳴り始めた。
波が打ち寄せる。しかしよく見れば、それは赤い蟹の大群だった。
気持ち悪さで寒気がした。ハイジャンプして鳥居の上に避難する。
瞬く間に砂浜が飲み込まれる。
が、悪夢的な状況に陥る前に、視界が悪くなって終了。
コンティニューしたらもう一度鳥居に戻されそうでできなかったのは仕方がない事である!
…鳥居がセーブポイントになっていない事を祈るばかり。
PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 連続 HOME どうも >>>
プロフィール
HN:
半月
性別:
男性
自己紹介:
パートナー絶賛探索中
VIP Ridants Rank Checker 703pt
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新記事
(06/01)
(05/27)
(05/08)
最新CM
[06/08 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
[03/20 半月]
[03/12 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
[03/05 半月]
[03/02 名無しかもしれないリダンツァーダディ]
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
フリーエリア
最新TB
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.